介護にまつわる小さな引き出しとは、介護現場において出会う
小さな知恵をいろいろな人と共有しようとするものです。

①使う場面は少ないけれど、日々の介護がちょっと上手くいくワザ
②毎回上手くいくわけではないけれど、覚えておきたい知恵
③介護技術だけでない、事務的な工夫
さらに、
④ひょっとしたら当たり前かもしれないこと
だって、共有しようというのも大事なポイントです。

介護をするうえで学ぶべき整理・体系化された確かな知識というのは
書店やインターネットにたくさんあります。

整理されまとまった知識を学んでいくことは言うまでもなく大切です。
ただ、それ以外の介護の知恵みたいなものとの断片的な出会い方が
あるといいなと思っています。

現場で生まれた「ちょっとうまくいったこと」とか
みんなが知っている当たり前のこと(でも今更聞けないこと…)。
あるいは、「良かれと思ったら失敗しちゃった」などの知恵や経験をごちゃまぜにして、
おっ!と思うものに「ひょっこり出会う確率を上げる」
みたいなことができたらいいなと思っています。

「知ってたよ」という事だって、その時に目にすることで
「ああ最近やってなかったし、やってみるか!」となるかもしれません。

どんなに小さくても、誰かの何かのヒントになるかもしれません。
失敗談も、成功のもとになるかもしれません。

とにもかくにも、人によって、時によって、
もしかしたら役に立つかもしれない小さなサイズの知恵
との出会いがちょっぴり後押し・おせっかいできるというのが理想です。

おおげさですね。